本文へメニューへフッタへ
通常用
文字の大きさ  縮小  拡大  元の大きさ
トップページへ
宇城市立図書館
ログインしていません。
予約カート: 0件
/ ログインする
本文をスキップする

新着図書

※無作為に5件表示しています。

天子蒙塵 第3巻
著者:
浅田/次郎∥著
出版者:
講談社
出版年:
2018.6
満洲の怪人・甘粕正彦、男装の麗人・川島芳子、欧州に現れた吉田茂。日中戦争前夜、大陸に野望を抱き、夢を掴もうとする者たちが動き出す。そして、中原のかなたに探し求めた男がついに現れ…。『小説現代』を書籍化。
旅先のオバケ
著者:
椎名/誠∥著
出版者:
集英社
出版年:
2018.6
極寒ロシアの心霊ホテル、一瞬で蚊に包まれた恐怖のテント泊、モンゴルのゲルにやってきた謎の来訪者…。全世界を旅してきた著者が、これまで泊まった「宿」でのエクストリームな体験を綴る。『東京スポーツ』連載に加筆修正。
ファインディング・ゴビ
著者:
ディオン・レナード∥著
出版者:
あすなろ書房
出版年:
2018.5
7日間で250キロを走破するウルトラマラソン。過酷なレースでディオンが出会った相棒は、うす茶色のぬいぐるみのような小さな犬だった…! 全世界の犬好きとランナーを熱狂させた奇跡の実話。
AI vs.教科書が読めない子どもたち
著者:
新井/紀子∥著
出版者:
東洋経済新報社
出版年:
2018.2
気鋭の数学者がAIの誤解や限界を示す一方で、大規模な調査の結果わかった日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先の最悪のシナリオと教育への提言を導き出す。
友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える
著者:
菅野/仁∥著
出版者:
筑摩書房
出版年:
2008.3
身近な人たちとの親しいつながりが大事だと思っていて、そのことに神経がすり減るぐらい気を遣っている。なのにうまくいかないのはなぜか。さまざまなキーワードにしたがって問題を整理し、人と人のつながりについて考える。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
ページの最初に戻る