本文へメニューへフッタへ
通常用
文字の大きさ  縮小  拡大  元の大きさ
トップページへ
宇城市立図書館
ログインしていません。
予約カート: 0件
/ ログインする
トップページ > 蔵書検索 > 資料詳細
本文をスキップする

資料詳細

資料詳細
タイトル 子ども格差の経済学
サブタイトル 「塾、習い事」に行ける子・行けない子
巻次  
多巻タイトル  
著者 橘木/俊詔∥著
出版者 東洋経済新報社
出版年月日 2017.7
NDC分類 371.3
ISBN 978-4-492-31499-9
内容 塾通いでどれくらい差がつく? ピアノ、サッカーにはどんな効果がある? なぜ幼児期の教育が大切なの? 格差研究の第一人者が、塾・予備校を含めた学校外教育を様々な角度から分析・評価。親と社会ができることを提言する。
著者紹介 〈橘木俊詔〉1943年兵庫県生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。専攻は経済学。著書に「プロ野球の経済学」など。
本体価格 ¥1500
ページまたは冊数 240p
大きさ 19cm
資料状況
登録番号 所蔵館 請求記号 禁帯区分 資料状態
141084889 中央図書館 371.3 タ   貸出中
予約数
0
受取館を選択して「予約カートに追加」を押してください。
受取館
  • ホームページのデータ更新には、タイムラグがあるため、表示中の内容と実際の状況が異なる場合があります。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
ページの最初に戻る