本文へメニューへフッタへ
通常用
文字の大きさ  縮小  拡大  元の大きさ
トップページへ
宇城市立図書館
ログインしていません。
予約カート: 0件
/ ログインする
トップページ > 蔵書検索 > 資料詳細
本文をスキップする

資料詳細

資料詳細
タイトル 消えた断章
サブタイトル  
巻次  
多巻タイトル  
著者 深木/章子∥著
出版者 光文社
出版年月日 2018.3
NDC分類 913.6
ISBN 978-4-334-91212-3
内容 被害者は、記憶を断片的に失くした少女と、白骨遺体で見つかった少年。十年前に起きた2つの奇妙な誘拐事件の、想像を絶する真相とは-。見えていた景色が一変する、本格ミステリー。
著者紹介 〈深木章子〉1947年生まれ。東京都出身。東京大学法学部卒。元弁護士。「鬼畜の家」でばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。ほかの著書に「消人屋敷の殺人」など。
本体価格 ¥1700
ページまたは冊数 316p
大きさ 19cm
資料状況
登録番号 所蔵館 請求記号 禁帯区分 資料状態
111038833 三角分館 913.6 ミ   貸出中
181046161 小川分館 913.6 ミ   貸出中
141086444 中央図書館 913.6 ミ   貸出中
予約数
0
受取館を選択して「予約カートに追加」を押してください。
受取館
  • ※上・下巻等、セットで予約をされる場合、予約待ち人数等の都合により下巻が先に取り置きされる可能性がありますのでご注意ください。
  • ホームページのデータ更新には、タイムラグがあるため、表示中の内容と実際の状況が異なる場合があります。
本文の先頭に戻る
フッターをスキップする
ページの最初に戻る